千葉県鴨川のご当地グルメ【おらが丼】~鴨川館MAIWAI 「かずさ和牛の炙り丼」編 ~

千葉県鴨川市のご当地グルメおらが丼!

市内の飲食店さんが参加し、お店独自の丼ぶりをおらが丼(我が家の丼ぶり)として提供されているワケですが……

提供されている全ての飲食店さんにお邪魔し、最終的に独自のおらが丼ランキングを作成しようとしているこの企画の第六段!

今回は【鴨川館】さんのおらが丼をご紹介していきたいと思います!

 

おらが丼

引用:かもがわナビ

引用:かもがわナビ

引用:かもがわナビ

引用:かもがわナビ

おらが丼の「おらが」とは鴨川の方言で「俺ん家の」「我が家の」と言った意味になります。

そんなお店自慢の丼ぶりを市内の飲食店さんが協力し合い提供されているのが鴨川市の【おらが丼】

鴨川市は千葉県外房に位置しておりますので、やはり種類として多いのは海鮮を使用した丼ぶりとなっていますが、おらが丼の面白い所は海鮮に限られていないんですよ!

「俺ん家の丼ぶり」ですので、中華料理屋さんでは「あんかけ炒飯」であったり、イタリアンでは「ステーキ丼」と言った具合で、それぞれのお店自慢の食材を使用して提供されているんですよね♪

2021年末時点では35店舗もの飲食店さんが参加(のち2つはテイクアウト限定)されていますので、完全に1-2日の旅行程度では食べきれない量の色とりどりの丼ぶり達が待っています!

 

鴨川館MAIWAI

では早速おらが丼食べ尽くしツアー第弾六弾の【鴨川館MAIWAI】さんへ♪

鴨川館MAIWAI

【ランチタイム】 [平日(月~金曜日)] 11:30 ~ 14:30 (L.O. 14:00) [土・日曜日・祝日] 11:30 ~ 15:00 (L.O. 14:30)

【ディナータイム】 17:30~21:00 (L.O. 20:30 ※コースメニューL.O.20:00)

※特別期間(GW,お盆,年末年始)は、限定特別メニューでのご用意の場合もあり。詳しくはお問合せ下さいませ。

こちらの鴨川館MAIWAIさんですが、鴨川館と言うホテルの中に入っているMAIWAIと言うレストランになります!

鴨川館さんの道を挟んで向かいには、千葉県の超絶有名観光スポットである【鴨川シーワールド】があります♪

この辺りにはホテルもたくさんあり、少し行けば道の駅なんかもあり、外房地域ではかなり賑わっている通りなんですよね!

あっ、でも都会のオシャレな町から来られる方は私の言葉を100分の1程度に受け取って下さいね(笑)

鴨川館さんは庭などの手入れを相当されているんだと思うのですが、かなり管理が行き届いていてとにかく気持ちが良いっ♪

私みたいなもんが立ち入ってはイケない場所ですね(笑)

宿泊のチェックインカウンターは入り口から廊下を少し進んだこちらの場所にあるのですが、解放感があってホント気持ちイイ♪

写真のお花もちょうど活けている所でしたが、こんな感じで隅々まで手入れされているんでしょうね~!

そしてこちらの奥にあるのが、MAIWAIさん♪

板前ライブダイニングと名前が付いているように……

入ってすぐに見えてくる、開放的なこの場所で料理を見て楽しませてもくれます!

もう座席も素敵♪

高級なホテルってこんな感じですよね~♪

一面ガラス張りで目の前には緑が広がり、この空間だけで心にゆとりをもたらせてくれますね。

先程の廊下もそうですが、ホテル全体の通路の間隔がホント広々としていますね♪

遅くなりましたが、こちらのMAIWAIさんはホテルに宿泊していない方でも料理を楽しむことが出来ます。

昼食だけを頂くのに、こんなリッチな気持ちにさせて頂きホント頭が下がる想いです……

メニューもTHEホテルって感じで良いですね♪

やっぱりホテルって絶対にカレーがありますよね(笑)

こんなお肉絶対に美味しいに決まってるじゃないですか~♪

毎日でもこんな食事を楽しめる余裕のある大人になりたいです(切実 笑)

でも私はもちろん……

鴨川館MAIWAIさんのおらが丼である、【かずさ和牛の炙り丼】ですよ!

千葉県産最高級ブランド牛である【かずさ和牛】をおらが丼として提供しちゃうなんて……流石と言うかズルイぜ鴨川館♪

もう美味しいの確定じゃないですか♪

まあ【勝ち確】の食事ですが、(食事に勝ちも負けもあるんですか? 笑)確かめいないワケにはいきませんので、早速注文を……

こんな優雅な空間で提供される最高級ブランド牛の味はいかに……

 

鴨川館MAIWAI【かずさ和牛の炙り丼】

待つこと5分程……

ついに……

お美しい……♪

こんなの食べてた当時の自分が羨ましい(ちょっと頭悪そうな発言 笑)

でも待って下さい!

こちらのMAIWAIさんは「板前ライブダイニング」ってことをお忘れないですよね?

この状態で運ばれてきたワケではなく、私の目の前で……

これこそライブキッチンですねっ♪

こういった心と空腹のお腹をくすぐる演出を経た上で【かずわ和牛の炙り丼】は完成していたのです♪

お味噌汁のナチュラル湯気もお気に入りポイントの写真(笑)

お肉がテッカテカ♪

最高級ブランド牛なのに、程ほどの厚みがあり大ぶりっ♪

牛肉をわさび醤油で食べるなんて……私も大人になったものです(笑)

昔は焼肉のタレをバッシャバシャにくぐらせれば、お肉なんてなんでも良かった男の子が……

今度実家に帰ったら、大人になったことを報告してきます(笑)

肝心のお味はと言いますと、柔らかいのはもちろんなのですが旨味がしっかりしていて、こんな脂のノリなのにそこまでクドくない♪

もう何枚でも欲してしまうお肉ですね♪

お肉の暖簾をくぐりますと、中には酸味の効いたドレッシングのようなソースと共に、色鮮やかなお野菜がっ♪

何枚でも食べられるとは言ったものの、やはり脂はしっかりとしていますので、このあっさりとしたソースとお野菜は大正解ですね!

写真を撮る事と食べる事に夢中になっていたら、薬味を乗せた写真を撮り忘れたことに気付き慌てて乗せてみる!

まあ今になって思えば、一番最初のこの写真!

何回撮り直しても、グッとくるものが撮れなかったのですよ……

やっぱり【彩】って超肝心ですね(笑)

薬味乗せたバージョンの写真は食べかけで申し訳ございませんが、後は皆さまの想像力で気合で元に戻してみて下さい(ちょっとこの人は何を言ってるんでしょうか? 笑)

そしてメニュー表にも書かれていたこちらのヨーグルトソースでも♪

これも酸味が際立っていて、ドッシリとしたお肉をまろやかに中和してくれますね♪

こんな風にご飯をお肉で巻いて頂いちゃったり……

そんなことをしていたらアッと言う間に完食してしまいました♪

私にとってちょうど良い具合の量で(そこそこ食べられる方だとちょっと物足りない量だと思います。)かなり満足をしていますと……

「デザートをお持ちしても宜しいでしょうか?」

えっ、この炙り丼の他にデザートも付くなんて夢のようじゃないですか♪

もちろんお願いをしまして待っていますと……

ゼリーとミルクレープ♪

この大きさだったり見た目が私の中では完璧過ぎました(笑)

普段食事をしてデザートをとることはほとんどないので、この感じが素敵♪

ゼリーの中にはキウイ・パイナップル・みかん・ドラゴンフルーツなどの柑橘系のさっぱりとした果物がたくさん♪

少しだけあった口の中の脂っこさを、フルーツでさっぱりとリフレッシュさせてくれました!

ソースであったり、こちらのゼリーであったり、全てはフルコースのように計算されて提供されているんでしょうね~♪

最後にサッパリとした口の中を大好きなミルクレープで濃厚に……♪

サッパリしたいのか、口の中で幸福感を感じていたいのか分からない私ですが、本当に美味しいおらが丼でした!

 

食後の感想

全てのおらが丼を食べ尽くし、最終的にランキングにしようと目論んでいるワケですが、自分自身でも忘れないよう毎回まとめていきたいと思います。

良かった点

  • お店に入った瞬間から雰囲気が素晴らしいことを察知する
  • 一人だけで伺ったのに、わざわざ景色の良い広いテーブルに案内してくれた(平日でお客さんが少なかったこともあると思いますが)
  • お肉は言わずもがな、旨い♪
  • お肉・ご飯・ソース・お味噌汁・デザート、全てのバランスがとても良かった♪

ムムムな点

  • 今回はムムムな点が1つもなし
  • 強いてあげると私のようにホテルで食事を取る事に慣れていない人はちょっとお邪魔しにくい(でも思っているのは自分だけで、接客も素晴らしくお店からそういった雰囲気を感じることは一切ありませんでした。)

 

まとめ

  • おらが丼第六弾にしてお肉のおらが丼が初登場♪
  • MAIWAIさんの店内はゆったりとした音楽も流れ、居るだけで安らいだ気持ちに……
  • 薬味を乗せた完璧な写真を撮り忘れ、今でも少し後悔している。
  • まだ六件目だが、上位に来ること間違いナシ(テメェの匙加減 笑)

いかがでしたでしょうか?

ホテルで食事だけをするなんてことが今までほとんどありませんでしたので、ちょっと二の足を踏んでおりましたが、鴨川館さんにお邪魔をして今後も前のめりで伺いたいなぁと思っております♪

雰囲気・接客・味、どれをとっても最高の体験をさせて頂きました♪

果たしてこの鴨川館さんを上回るおらが丼は現れるのか?

これからも是非お付き合い下さいませ♪

 

Follow me!

千葉県鴨川のご当地グルメ【おらが丼】~鴨川館MAIWAI 「かずさ和牛の炙り丼」編 ~” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。