伊勢海老の年間水揚げ量トップを争う千葉県!! 数多くある港の中で一番を誇る大原港に潜入!

当サイトでも、多くの記事を書かせて頂いている伊勢海老!

あんまり知られていないけれど「千葉県の伊勢海老はかなり有名なんですよ~!!」と言う気持ちのもと、伊勢海老の記事を多く書かせて頂いているワケですけれど……

そんな千葉県の中でもトップレベルに伊勢海老を漁獲している港が大原港なんです!

8月から伊勢海老の漁が始まり、ちょうど良いタイミングってことで大原港に潜入してみました!!

大原港はどんな港なんでしょうか??

 

千葉県外房にある大原港

こちらの写真は大原港近くにある高台に登って撮ってみたものです!

とは言っても、いきなり大原と言っても千葉県民以外(千葉県民でも知らない人は多数存在??)の方は場所すら分からないですよね……

まずは場所を確認していきましょう!

千葉県の外房のちょうど真ん中あたりになりますかね?

伊勢海老は内房では水揚げはなく、水揚げがあるのは外房のみになります。

って、このまま書き続けますと、以前書いたことと重複してしまいそうなので、伊勢海老のことを知りたいと思った方はコチラの記事を参考になさってみて下さい。

伊勢海老 水揚げ量

伊勢海老の水揚げ量が一番多い都道府県はどこなの? 気になる千葉県のランキングはいかに……

伊勢海老は産卵期(6・7月)は禁漁になっているので、禁漁明けで尚且つ水温も温かく活発に活動する夏場が一番水揚げがあるのです!

そんな8月から伊勢海老の漁がスタートしました大原港はどんな様子になっているのでしょうか?

 

大原港の伊勢海老

まあこれだけ見ますと全然港感がありませんが、こちらが大原港です(笑)

基本的には漁師さんが魚を獲ってきて、こちらの大原漁港に上場させ、仲買さんが競り落としていくことがメインとなっていますが、数年前からは「朝市」をやるようになりましたね!!

引用:港の朝市公式HP

この辺りで水揚げされた新鮮な海産物を一般の方でも購入することが出来るのがこの朝市の魅力です!!

今では毎週日曜日の8時から12時まで開催されているのですが……

新型コロナウイルスの影響で現在は開催されていません(涙)

HPを見てみますと、6月21日から再開の予定をしていたようですが、やはり中止になっていました。今後についても詳細は公式HPをご覧になって頂いた方がいいと思います。

大原港の水揚げ

今回は8月の上旬にお邪魔させて頂いたのですが、外から見ると「本当にやっているの?」なんて思っていましたが、中に入るとちゃんとやっていましたよ!!

私も少しばかりこの仕事に携わっているので、たまにお邪魔させて頂くのですが、大原港では10時から競りが始まります!

そしてお邪魔させて頂いた日もちゃんとありましたよ!!

数年前までは多い日は1日で2トン以上の伊勢海老の水揚げがあったのですが、最近では徐々に減ってきていて、この日も500kg程度。

漁師さんが漁から戻ってきて、競り落とされるまでに保管しておくこの水槽も、この日はスカスカ……

ここ千葉県に限らず、どこの漁協でも今まで獲れていたものが獲れなくなってしまったり、水揚げ量も極端に減ってしまったり……

本気で考えて行動に移していかないと、将来何も獲れなくなってしまいますよ(涙)

今年はやはりコロナウイルスの影響でホテルや飲食店も営業自体が少なくなっているので、魚価もかなり下がっていますね!

とは言ってもピンチはチャンス!!

今まで高すぎて食べて来なかった方にも、価格を武器に伊勢海老をアピールする良いチャンスなんではないでしょうか?

一般消費者の方からしますと、今は何でもかんでも値下がりしていますので、美味しい魚を食べる絶好の機会だと思いますよ♪

伊勢海老以外にも

この時期は伊勢海老がメインの海産物となっているのですが、この日は色々な魚も水揚げされていましたよ!

大量のワラサ!!

このワラサは出世魚をしても有名だと思いますが、これが大きくなればブリになりますね!

ブリと言えば冬に旬を迎えますが、脂のノル時期はこのワラサも同じです。

って、ことでこの時期はあまりと言いますか……ホント美味しくありません。漁法が刺し網と言うやり方で獲っているので、獲りたい魚を選ぶことは出来ないのですが……

旬の時期じゃなくて、美味しくないんだから、獲らなきゃいいのに……

サンマの水揚げについて、中国や台湾などに「サンマを獲り過ぎなんじゃ~!!」みたいなことを言っていますが、私が知っている限り日本人も人の事を言えた立場じゃありませんね。

あっ、日頃の愚痴があらぬ方向に行ってしまいましたが、話しを元に戻しましょう(笑)

ここ大原港、いやっ外房全体ですが、水揚げされる魚は少量多品種になりますね!

イワシや勝浦のカツオなどは大量に獲れるのですが、その他には「この港と言えばこの魚!!」のようなものはあまりないんですよね!

なので鯛やヒラメや石鯛に……

色々な魚が……

ファッッッッッッッッッッ!!

ファッッッッッッッッッッ!!

グロテスクな写真になりますので、心臓の弱い方はご注意下さい!!

って、遅いですね(笑)

これはコブダイですか?

「おめーが調べて教えろ!!」って感じですね(笑)

伊勢海老を見にいくつもりが、色々な魚を見ることが出来て何か満足感のある一日になりましたね!!

 

近くに食堂のいさばやさんもあるよ!

ここまで紹介しました大原漁港は関係者以外は立ち入り禁止になっているので、一般の方は朝市以外ではあまり来ることはないと思いますが(とか言ってる私も関係者かどうかは……笑)

こちらの「いさばや」は漁協直営の店舗で、水揚げされたばかりの新鮮な海産物を気軽に食べることが出来ちゃいます!

いさばや

〒298-0004 千葉県いすみ市大原11573

0470-64-0131

定休日:毎週火曜日、第3水曜日、はだか祭り(9月秋分の日前後)、年末年始

客席:テーブル11席(44名) ※店舗内禁煙

駐車場:20台(店舗前以外に港内にも駐められます)

 

今の時期に行きますと、もちろん伊勢海老も食べることが出来ますし、お土産に海産物を購入することも出来ますので、近くに寄った際にはお邪魔してみてはいかがでしょうか?

あっ、ちなみに私ですが……

コロナで外食を自粛していますので、落ち着いた頃に再度伺って美味しい海産物を食べたいと思います!

 

まとめ

  • 大原港は千葉県の中でもトップを誇る伊勢海老の水揚げ量
  • この日も伊勢海老は大漁(ちょっと盛り気味)
  • 伊勢海老以外の魚もたくさんあり
  • あの魚はホントにコブダイであってる?(笑)

 

いかがでしたでしょうか? 潜入しました大原港はこの日もたくさんの伊勢海老の水揚げがありました!

まだまだ伊勢海老=千葉県のイメージには程遠いかと思いますが、こういった情報から少しでも広まっていけば嬉しいなぁ~と思います!

今回書かせて頂きました通り、伊勢海老は例年よりはかなりお安くなってくると思いますので、もし千葉県にお越しになられる際はお召し上がり頂いてはいかがでしょうか?

 

 

 

Follow me!